アーカイブ: 4月 2013

花立が外れているのを補修

DSC_0010.JPG DSC_0012.JPG

花立と家紋の墨入れ

DSC_0008.JPG DSC_0013.JPG

建之者の文字色入れ替え

DSC_0005.JPG DSC_0006.JPG

花立つけ直し

20130424_151855.jpg 20130424_151837.jpg

銅板の接着

他社施工による竣工記念碑の銅板を接着し直しました。

ビフォー

アフター

地震被害の確認

4月13日に淡路島で震度6弱の地震がありました。

昨日、地震被害を心配された広島県にお住まいのお客様から、大阪府高槻市内にあるお墓の被害確認の依頼があり、確認させていただきました。

何も問題はありませんでした。

 

 

Q&A 敷地に少し余裕があります。そこに違う宗派のお墓を建てられますか?

一番大切な事は、家族の方の同意です。

ご家族の皆さん気持よく同意されているのであれば、第1段階はクリアです。

 

しかし、墓地がお寺の墓地であればご住職の許可が必要です。この場合、よほどの事情がなければ、まず不可能です。

 

また、墓地によっては建ぺい率が決まっており、一つの墓所に2基のお墓は立てられない場合もあります。

Q&A 花立の石に穴を掘ってもらうとき、お寺さんに拝んでいただかなければなりませんか?

いいえ、その必要はありません。

お墓本体の工事のときはお性根抜き(遷座法要)が必要ですが、花立石や霊標(法名碑)など、付属品の工事のときは、その必要はありません。

なお、仏石(「○○家之墓」「南無阿弥陀仏」などの文字が刻んである石)への戒名(法名)の追加彫刻に関しては、ほとんどの場合は仏石を工場に持ち帰らずにそのままの状態で彫りますので、お性根抜きは必要ないとも考えられますが、お寺さんにより考え方が違いますので、必ずご確認ください。

霊標(法名碑)の追加工事他

20130412_125919.jpeg 20130412_125919_2.jpeg

霊標(法名碑)の新設、線香立ての交換、文字・家紋の色入れ、花立石の接着、玉砂利入れを行いました。

 

巻石コーナー補強

20130412_125909.jpeg